安部敏樹の生い立ちや経歴wikiと高校は?鈴木福に似てる?

安部敏樹(あべとしき)さんという人物をご存じでしょうか。

株式会社Ridilover(リディラバ)の代表取締役社長をしている男性です。

そんな安部敏樹さんの生い立ちや経歴とwikiが気になりますよね。

また高校はどこなのかと鈴木福さんに似ているのかということも知りたいです。

こちらの記事では、安部敏樹さんについてご紹介させていただきます。

安部敏樹の経歴とwikiやプロフィール

名前:安部敏樹
読み方:あべとしき
生年月日(誕生日):1987年7月7日
年齢:32歳(満33歳)
出身地:京都府生まれ、神奈川県横浜市育ち

テレビ:
TBS系列グッとラック!
TOKYO MX系列モーニングCROSS

書籍:
日本につけるクスリ(竹中平蔵氏との共著/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
いつかリーダーになる君たちへ(日経BP)

受賞:
総務省起業家甲子園日本一。
KDDI∞ラボ第5期最優秀賞など受賞多数。
第2回若者旅行を応援する取組表彰 観光庁長官賞(最優秀賞)。

※ 2020年3月時点の情報です。

安部敏樹さんは京都府出身の32歳男性です。

親をバットで殴ってしまうなどの家庭内暴力を起こし、家を追い出され親戚や友達の家に泊めてもらっていました。

中学2年生くらいから高校2年生くらいまで不登校となりました。

高校生では留年のところを無理に進級させてもらったようです。

母親の部屋にあった子供の非行や不登校についての書籍の山をみて考えを改めるきっかけになったそうです。

またそこから不登校について考えるようになり、社会の認識の問題に取り組むようになっていきました。

不登校で先生からどこにも行けないと言われその時の偏差値は20~30くらいでした。

17歳で周りの友人からドラゴン桜プロジェクトを勧められ東大を目指し東京大学文系に合格を果たしています。

実は東京大学に合格する前に横浜国立大学に現役合格しています。

その後、理系に転向し複雑系、脳神経科学、社会の意思決定などを専門としています。

STAP細胞の小保方晴子さんと同じ理化学研究所で働いていたこともあったようです。

19歳の時にオーストラリアなどでマグロ漁師となり、毎日素手でマグロと格闘。

2年後の21歳の時に仲間と株式会社Ridiloverを立ち上げました。

さらに2年後には合格した東大で授業を持つようになり、29歳でフォーブスが選ぶアジアの若手30人に選出されるまでになりました。

現在は一般社団法人リディラバ代表理事や株式会社Ridilover代表取締役を務めています。

ちなみにリディラバという組織名は造語で、Ridiculous things lover (バカバカしいことが好きな人)の略です。

波乱万丈という言葉がすごくあてはまる人物と考えられます。

また家族には妹がいることがわかっています。

[ads1]

安部敏樹の高校

安部敏樹さんはどちらの高校に通っていたのでしょうか。

調べてみましたところ公表はされていないようです。

ですがネット上で調べてみるとあることがわかりました。

それは高校は大学付属の進学校だったそうです。

ただ当時は非行少年の不登校だったため高2まで仮進級をさせてもらっていました。

それでもそのまま大学まで進学できる予定でしたが、学年最下位の201位。

しかも素行が悪く出席日数が足りない理由で先生から大学は無理だと言われていまったそうです。

そこから周りの友人らが冗談半分でドラゴン桜企画を立ち上げました。

久々に注目を浴び悪い気がしなかったため東大を目指し合格するため勉強に取り組んでいたそうです。

しかしいったん東大合格ラインが見えてくると周りが邪魔をするようになったそうです。

サッカーに誘うなどして勉強の妨害を受けたとか。

そして結果は東大に一歩届かず、横浜国立大学に合格。

しかし横浜国立大学を中退し、東京大学に再挑戦し合格しました。

出身地は京都府ですが育ちが神奈川県横浜市なので周辺地域の高校に通っていたと考えられます。

[ads2]

安部敏樹の鈴木福に似てる

安部敏樹さんを調べていると「鈴木福」さんの名前を目にします。

一体どういうことなのかと気になりました。

年齢も出身も違うしどういう因果関係があるのだろうと思いました。

おそらく「顔が似ている」ということに行きつきました。

実際に見比べてみるとわかるかもしれないですね。

いかがでしょうか。

若干雰囲気が似ているなと思います。

おそらく鈴木福さんが30代になったら安部敏樹さんのような感じに成長するのかなと思います。

逆に言うと安部敏樹さんは鈴木福さんのような雰囲気の非行少年だったということになりますね。

[ads3]

さいごに

こちらの記事では、安部敏樹さんについてご紹介させていただきました。

波乱万丈な人生を歩んでいる人物です。

今後の活動にも期待がかかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました