岡田早苗教授の経歴と学歴wikiや年収は?結婚した嫁と子供も

岡田早苗(おかださなえ)さんという人物をご存じでしょうか。

乳酸菌の分野におけるスペシャリストとして活躍する大学教授です。

そんな岡田早苗さんの年収と経歴と学歴やwikiとプロフィールが気になりますよね。
また結婚した妻や子供についても知りたいところではないでしょうか。

こちらの記事では、岡田早苗さんについてご紹介させていただきます。

岡田早苗の経歴と学歴やwikiとプロフィール

名前 岡田早苗
読み方 おかださなえ
生年月日(誕生日) 1950年5月生まれ(昭和25年)
年齢 69歳(満70歳)
出身地 中国吉林省の長春(旧満州の新京)

※ 2020年4月時点

岡田早苗の出生生い立ち、学歴学生時代

岡田早苗さんは中国吉林省の長春(旧満州の新京)生まれの69歳男性です。

大学准教授(地質学)の父親医師の娘だった母親を持ち仕事の関係で日本に戻ってきたのは1953年の3歳の頃でした。
両親の実家が京都にありそこで過ごした後、東京に移りました。

幼少期から生物が好きで少年雑誌の付録についていた顕微鏡で楽しんでいました。
小学校4年生か5年生の時に風邪で医師の診察を受け、その時に医師から聞いた抗生物質という言葉が気になたったそうです。
母から微生物が作る微生物を殺す薬だという説明に大変興味を持ったそうです。
理系には疎い身ではあったけれど、将来を決めるきっかけになった出来事と言っても過言ではないとしています。

中学、高校ともに生物部で勉強し、1969年(昭和44年)に東京農大農学部農芸化学科に進学、卒業。
応用微生物学が花形になりつつあり、農芸化学科は応用生物科学部の母体であったそうです。
また同大学院博士課程を修了しています。

その後、1988年(昭和63年)に植物性乳酸菌という言葉をはじめて世間に広めました。
また「場を浄める乳酸菌」と題する論文を雑誌「微生物」(医学出版センター)で発表しています。

2020年4月現在、高崎健康福祉大学農学部生物生産学科教授東京農業大学名誉教授東京農業大学応用生物科学部生物応用化学科長菌株保存室長を務めています。
専門分野は、微生物学、微生物利用学、微生物分類学などです。
主な著書に「乳酸菌実験マニュアル」、「乳酸菌 世 の科学と技術」、「発酵乳の科学」などを出しています。
メディアでは林修の今でしょ!講座などに出演。

日本の女子テニス選手の旧姓と同姓同名ですが全くの別人です。

[ads1]

岡田早苗の結婚した嫁や子供

岡田早苗さんの結婚した嫁や子供について公表はされていませんでした。
一般の方のためなのか、実際に結婚をされていないのかも明かされていません。

SNSをやっていらっしゃらないようで、プライベートなことはあまり語られていません。

ただ一ついえることは講演会の写真や映像をみると左手薬指に結婚指輪をはめていないということです。
これは結婚をしていないからしていないと考えられますが、もともと指輪をはめる習慣ではない可能性があります。

それに離婚をしている可能性もありますので、岡田早苗さんが公表しない限り謎のままであると考えられます。
結婚と離婚をしているならば息子と娘がいる可能性も考えられますね。

[ads2]

岡田早苗の年収

岡田早苗さんはいくつもの肩書があり世の中に素晴らしい貢献をされています。
そのため名誉と地位に合わさった給料をもらっていると思います。

ではどのくらいの金額をもらっているのか年収が気になりますよね。
一般的な大学教授の平均を調べてみると2018年で男性であればおよそ1094万円とされています。
月収であればおよそ67万円、ボーナスであればおよそ290万円にもなるようです。
女性の場合男性よりも若干下がる程度なので平均も男性よりやや低めになっています。

また岡田早苗さんの場合は名誉教授ということもありますので、一般的な大学教授よりもいくらか多いということになります。
さらにメディアや講演会などの出演で別途報酬が発生していると考えられます。

そのためおおよその概算になりますが、およそ1200万から1500万円の年収をもらっているのではないかと推測されます。
岡田早苗さんの功績を考えれば妥当と言えますよね。

[ads3]

岡田早苗のまとめ

こちらの記事では、岡田早苗さんについてご紹介させていただきました。

乳酸菌のスペシャリストとして後世に名を遺す存在です。
これからの活動にも期待がかかりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました