加美山まりえ(マリー)経歴wikiと学歴は?結婚した旦那や子供も

加美山まりえ(かみやままりえ)さんという人物をご存じでしょうか。

マリーという名義で、おニャン子クラブの岩井由紀子(ゆうゆ)さんそっくりの80年代から飛び出してきた印象で活躍する女性です。

そんな加美山まりえさんの経歴と学歴やwikiとプロフィールが気になりますよね。
また旦那・夫など結婚相手や息子・娘など子供も知りたいところでしょうか。

こちらの記事では、加美山まりえさんについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

加美山まりえの経歴と学歴やwikiとプロフィール

名前 加美山まりえ
読み方 かみやままりえ
生年月日(誕生日) 1995年9月15日生まれ
年齢 24歳(満25歳)
出身地 東京都世田谷区下北沢駅周辺在住
身長 cm
血液型
趣味
特技 80年代楽曲歌唱
資格

※ 2020年4月時点の情報です。

加美山まりえの出生、生い立ちなど略歴・来歴

加美山まりえさんはマリーという名前で活動しているおとめ座で永遠の17歳(24歳2020年4月時点)の女性です。
幼少期、フリフリなどの服を着せてもらえない、テレビを見せてもらえない、ゲームをさせてもらえない家庭だったそうです。
10代のころから昭和に興味を持ち、特に80年代アイドルに惹かれファッションやヘアスタイルなどの研究をしています。

服飾などファッション業界を志すも80年代が好きすぎて断念した過去を持ちます。
元タレント、歌手・女優の岩井由紀子(通称:ゆうゆ)さんに顔がそっくりでステージで歌ったり踊ったりとアイドル活動もされています。
アイドルとしての立ち振る舞いや活動内容は全て自己プロデュースをしていて、宣伝用のウェブサイト、ツイッターなどのSNSも自分で管理しています。
好きな80年代アイドルさんにおニャン子クラブの岩井由紀子さん、また尊敬するアイドルとしてももち(嗣永桃子)さんをあげています。

おニャン子クラブの岩井由紀子(ゆうゆ)さん、うしろゆびさされ組さん、光GENJIさん、漫画「めぞん一刻」、漫画「はいからさんが通る」、漫画「ベルサイユのばら」などが好きで、特にめぞん一刻は全巻セットが実家にあったようで送ってもらったと明かしています。
つまりほかの80年代漫画も全巻揃っている可能性がありますね。


同じく昭和時代バブル期をネタにした芸でおなじみの平野ノラさんのアイドルバージョンと言ってもいいほどです。
そのためいつかコラボしてくれないかと楽しみでもあります。

自宅はオートロックなし家賃4.7万円の昭和アパートに住んでおり、まるでタイムスリップした空間とメディアで紹介されています。
gion(阿佐ヶ谷)、喫茶ネグラ(下北沢)、喫茶ニット(錦糸町)などに出没するようです。

加美山まりえの学歴、学生時代

加美山まりえさんの学歴、学生時代について公表はされていません。
しかし幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校などは地元周辺地域の学校に通っていたと考えられます。

大学、専門学校に関しては通っていたか明らかになっていません。
追記:専門学校に通っていたことが明らかになりました。

加美山まりえの活動、メディア出演

テレビ東京系列局「家、ついて行ってイイですか?~読売巨人軍&80年代アイドル大好き美女
下北沢ソバージュ&肩パット姿で遭遇。

そのほかライブ・イベント出演、ライター・ラジオパーソナリティ・被写体など、さまざまな活動をしています。

[ads1]

スポンサーリンク

加美山まりえの父母両親や兄弟姉妹など家族構成

調べてみましたが公表はされていませんでした。
年齢から考えて家庭の事情が複雑でなければ父親・母親などご両親ともご健在であると考えられます。
おそらく一般人のため公開されていない可能性が考えられます。

追記:父親は先生をやっていたと明かされました。

また兄弟姉妹に関しても非公表のため明かされておりません。
もしかしたらそもそも一人っ子の可能性が考えられます。
もし兄弟姉妹がいらっしゃるなら加美山まりえさんのように容姿が素晴らしくイケメン、美人であると考えられます。

加美山まりえさんが昭和が好きになったのが10代ということもあり、おそらくご両親の影響が大きいのではないかと考えられます。
今も80年代の黄金時代の話をご両親と一緒に楽しんでいるのではないでしょうか。

[ads2]

スポンサーリンク

加美山まりえの結婚した旦那・夫や息子・娘など子供

調べてみましたが公表はされていませんでした。
アイドルとして活動されているため結婚はまだしていない可能性が高いです。
もし結婚しているのであれば結婚報告の際に山口百恵さんの様にマイクをステージ上に置く演出をするのではないでしょうか。
そんな感じのパフォーマンスはされていませんし、浮いた話もこれからということになるかもしれないですね。

また子供に関しても前述の通り結婚していなければいないと考えられます。
お子さんが生まれたらきっと可愛いでしょうし、同じように80年代好きになる可能性が高いですね。

聖子ちゃんカットで街をさっそうと歩きそうですね。

追記:外見からモテないと公表していました。

[ads3]

スポンサーリンク

加美山まりえのまとめ

こちらの記事では、加美山まりえさんについてご紹介させていただきました。

80年代を愛するアイドルとしてこのまま突き進んでいってほしいですね。
そのうちマツコの知らない世界とかに登場するかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました