ぼびーちゃんねるの経歴wikiと学歴と本名は?彼氏や兄弟姉妹も

ぼびーさんという人物をご存じでしょうか。

元病院勤務・管理栄養士、現在YouTuberとして活躍する女性です。

そんなぼびーさんの経歴と学歴やwikiとプロフィールが気になりますよね。
また恋人・彼氏など恋愛遍歴や父親と母親など両親や兄弟姉妹など家族構成も知りたいところでしょうか。

こちらの記事では、ぼびーさんについてご紹介させていただきます。

ぼびーの経歴と学歴やwikiとプロフィール

名前 ぼびー
読み方 ぼびー
愛称、ニックネーム ボビー
生年月日(誕生日) 1994年10月24日(平成6年)
年齢 25歳(満26歳)
出身地 広島県
身長 cm
血液型
趣味 YouTube鑑賞、食べること、考え事(哲学系)、読書
特技 考え事、人間観察
資格 管理栄養士

※ 2020年4月時点の情報です。

ぼびーの出生、生い立ちなど略歴・来歴

ぼびーさんは広島県出身で1994年10月24日生まれの戌年の女性です。
本名は、出生当時可愛いアナウンサーが居て、同じように可愛い人になって欲しいという意味をこめられ、同じ名前にされたと明かしています。
アイスクリーム」と変換されるとおっしゃっていましたので、「あい」「あいこ」とかの可能性がありますね。

幼少期から食べることが好きで学生時代は食べ物のことで頭がいっぱいだったそうです。
カロリーについて考えるようになり、ダイエットをしながら栄養士顔負けの能力を身に着けていきました。

進路を決定する段階になり、大人になっても絶対給食を食べ続けるぞという決意で管理栄養士の道を志します。
奈良女子大学のオープンキャンパスへ赴き、管理栄養士が病院でも活躍できることを知りました。

病棟担当制のある「ちゃんぽん病院(長崎県の病院)」に勤務。
そちらの病院勤務で管理栄養士をされていました。

2019年11月に適応障害の診断を受け、2020年1月31日まで休職ライフを送っていました。
人生を変えたいと思い退職後、転職活動をしています。

予防医学に携わりたいという理由もあり病院をやめていますが、休職中の傍らユーチューバーに転身。

ぼびーの学歴、学生時代

幼稚園の時、お昼の時間になってもウサギに餌をあげ続けているような変わった子でした。

小学生では生徒会の書記か副会長をしていました。
小学生、中学生時代はバレー部で活躍。
特に中学生の頃のバレー部は練習がきつかったことを明かしています。

高等学校では「普通」の学校へ通っていたそうです。
勉強が好きで成績も右肩上がりでした。
またしっかりと青春も謳歌していたようです。

奈良女子大学を受験するも合格できず、広島にある「お好み焼き大学(広島県の大学)」を受験し合格。
管理栄養士の資格が取れる大学を調べると以下の大学があります。

広島女学院大学
福山大学
広島国際大学
広島修道大学
広島文教大学
安田女子大学
山陽女子短期大学
比治山大学

大学卒業後は長崎県の病院へ。

ぼびーの活動、メディア出演

ぼびーさんがこの名義をネット上で使っているのは、小学生の時にボビーオロゴンのモノマネがウケたことが由来になっています。

大学生時代には個別塾の講師、デパートにある中華料理屋さんなどのアルバイトを経験。

YouTubeチャンネル「ぼびーちゃんねる」を2020年2月29日に開設運営しています。
当初は「ぼび釈迦」名義でハッピー哲学ぼび釈迦チャンネルとして、自分の頭の中を整理しつつ皆を幸せにする哲学動画を投稿。
ヤッホー甘酒どうもぼび釈迦です」という特徴的なあいさつをしています。

2020年4月9日から釈迦の顔がちらついて申し訳なくなり、釈迦を外した「ぼびー」で活動開始。
好きなYouTuberであるマコなり社長さん、鴨頭嘉人さん、YouTube大学さん、マナブさん、サラタメさん、石井亜美さんなどをあげています。
中でもマコなり社長に心酔しており分析した動画を2つ投稿しています。

マコなり社長さん以外にも炎の講演家・鴨頭嘉人さんに感銘を受けているようです。
鴨頭嘉人さんの演説に心を打たれ、いまのぼびーさんが生まれたと言っても過言ではないです。

[ads1]

ぼびーの父母両親や兄弟姉妹など家族構成

ぼびーさん一家の家族構成は父、母、長兄、長姉、次男、次女の6人家族。
ぼびーさんは4人兄弟姉妹の末っ子。

父親(66歳)は亭主関白で幼少期は反抗していたり、反面教師にしていた。
女子高生の時には反発して家出を経験。
しかし今では良いところもあり、パソコンをはじめPC教室にも通っているとか。

母親は、のほほんとしていて天然。
目の前のことを一生懸命やっていれば、やりたいことはみつかる」とアドバイスをしてくれたことにより、ぼびーさんの将来の方向性を固めるきっかけになったそうです。

兄弟姉妹はそれぞれぼびーさんと長男12歳、長女10歳、次男8歳とかなり歳が離れています。
長男は我が道を行くタイプで、行動に筋が通っていてひねくれていないそうです。
友達や恋人をすごく大切にするところが尊敬でき、おしゃれで今では優しいパパになっているそうです。

思い立ったら吉日タイプです。
体育会系のスポーツ少女でバスケのキャプテンをしていたそうです。
バスケをするため大学へ行き、その後、お菓子好きから神戸のケーキ屋さんで働くことになったとか。
また自然に取りつかれ屋久島に住んだり、介護職で祖父母と暮らしたり、登山のインストラクターをしたり、など行動力が半端ない女性です。

次男超現実主義
勉強をしっかりして、国立大学に入って大企業のサラリーマンをしています。
いちばん長く一緒に暮らした人物で、ぼびーさんが社会で生きていくための知恵を教えてくれたそうです。

[ads2]

ぼびーの彼氏・恋人など恋愛遍歴

高校生という多感な時代にまともな彼氏が初めていたということを明かしています。
つまり小学校や中学校時代にもまともではない彼氏がいたということになりますね。

その高校生時代の彼氏は、とても愛情深くてまっすぐで、誠実で、ちょっとだけ面白くて冗談が好きで明るい人だったと明かしています。
当時父親と反発して家出や放浪を繰り返していた時に、彼氏は自転車で探し回ってくれるほどのイケメンだったそうです。
メンヘラの代表格だった自分とそんな自分を大事にしていくれる彼氏のことを思い、自責の念に駆られていました。
愛されたいと願いながら、愛される勇気がなく、自ら愛情を振り切るという、とても矛盾した行動をとっていたと明かしています。
すでに彼氏とは別れていて、高1冬~高2前半のお付き合いとなってしまったようです。

受験期に入ると図書館で勉強するようになり、そこで他校の男子高生と急接近。
背の高いイケメンでちょっとずつ話し、仲良くなったそうです。
告白されたけれど受験生シーズンということもあり、受験が終わるまで待ってほしいと返答。
彼はわかってくれて受験が終わるまでお互いに勉強を頑張ろうとなりました。
しかし2,3日後に彼は別の女性(ギャル)と仲良くしていたそうです。
ちなみに彼には悪いうわさがあり、そのことも聞いていたが当時は話半分にアドバイスを聞いていました。

一週間くらいショックで立ち直れず、受験の大切な期間を無駄にしてしまったと後悔していました。
そういう経験があり一生独身でバリバリのキャリアウーマンになってやると誓っていたそうです。

それから大学生になりサークルで出会った後輩と付き合うようになります。
第一印象は全くタイプではなかったと明かしていますが、彼が落ち込んでいるのを知りそこから相談に乗る形で接しているうちに好きなったそうです。
まだ他人を信じられない状態ではあったものの、2か月の自分自身との葛藤の末、7月7日に交際が始まりました。
しかし幸せになる勇気がなく、2日という交際期間を経てお別れしたそうです。
ですがそれからも関係が切れたわけではなく、結局復縁。
まさにシーソーゲームのような恋愛模様。

別れたという話がでていないので、今現在も交際は続いていると考えられます。

[ads3]

ぼびーのまとめ

こちらの記事では、ぼびーさんについてご紹介させていただきました。

これから若い人たちを啓もうしていく存在です。
これからの活動にも注目していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました