相田一人(みつを長男)経歴wikiや学歴!結婚した嫁や子供も

相田一人(あいだ かずひと)さんという人物をご存じでしょうか。

著作家、相田みつを美術館の館長として活躍する男性です。

そんな相田一人さんの経歴と学歴やwikiとプロフィールが気になりますよね。
また父親と母親など両親や兄弟姉妹など家族構成、妻・嫁など結婚相手や息子・娘など子供も知りたいところでしょうか。

こちらの記事では、相田一人さんについてご紹介させていただきます。

相田一人の経歴と学歴やwikiとプロフィール

名前 相田一人
読み方 あいだかずひと
生年月日(誕生日) 1955年9月2日(昭和30年)生まれ
年齢 64歳(満65歳)
出身地 栃木県足利市出身
身長 cm
血液型
趣味
特技
資格

※ 2020年4月時点の情報です。

相田一人の出生、生い立ちなど略歴・来歴

栃木県足利市、1955年(昭和30年)9月2日に詩人・書家であった相田みつをさんの息子として誕生。
相田一人さんは本名で、名前の由来は「気骨ある人に成長するように、何事も一人でやっていけるように、一日も早く一人立ちできるように」という意味からきています。
また、「転じて後、人生の孤独、寂寥、悲哀等を一人で堪えてゆかねばならぬ時の事を考えて」という理由がある、と生前の日記から判明しています。

幼少期について多くは語られていませんが学生時代を過ごしたのち、出版社に勤めました。
その後、株式会社而今社(にこんしゃ)を設立。

1996年、東京都中央区銀座に相田みつを美術館を開館し、館長に就任しています。
また相田みつを美術館は、7年後の2003年に千代田区丸の内にある東京国際フォーラムに移転されています。

1997年、「月刊誌諸君!」に小田嶋隆さんによる父相田みつをの批評記事が掲載されました。
事実無根であると名誉毀損の訴えを起こし、1999年に同誌に反論記事を寄稿しています。

生きていてよかった」、「いまからここから」など、父相田みつをさんの作品の監修に携わっています。
そのほか、ご自身も1998年、「父 相田みつを」、「書 相田みつを」を発表しています。

2011年、民主党代表選演説で野田佳彦さんが引用した相田みつをさんの作品「どじょう」が脚光を浴びました。
その際、新聞社の取材に対して驚きと喜び、新首相の活躍への期待を表明しました。

現在、美術館業務の傍ら、全国各地での講演活動執筆活動を行っています。

相田一人の学歴、学生時代

栃木県足利市出身ということもあり、幼稚園、保育園、小学校、中学校などは地元周辺地域の園、学校へ通っていたと考えられます。
父親の相田みつをさんが栃木県立足利中学校に通っていました。
そのため同じ中学かなと思いましたが、いまは中学校が高等学校になっているため別の中学校へ通っていると思われます。

また高校は、そちらの高校へ通っていたのではと考えられます。
その後、大学、専門学校など進学していると考えられますが、学校名までは明かされていません。

相田一人の活動、メディア出演

著書・書籍
書 相田みつを」 (文化出版局、1998年)
父 相田みつを」 (文化出版局、1998年)

監修
生きていてよかった
いまからここから

テレビ番組
TBS系列局「爆報!THE フライデー

そのほかさまざまなメディアでの活動をされています。

相田一人の父母両親や兄弟姉妹など家族構成

相田家の家族構成は、父、母、長男、長女の4人家族と思われます。
父親は、先に述べた相田みつをさん。
母親は、平賀千江さんで、材木商の末娘です。

そして相田一人さんとさんです。
妹さんについては表立った活動をされていないのか詳細は明かされていません。

また相田みつをさんは6人兄弟の三男として生まれているため、相田一人さんのいとこなどの親戚・親類は多い可能性が高いです。

相田一人の結婚した妻・嫁や息子・娘など子供

調べてみましたところ公表はされていません。
おそらく結婚相手の妻が一般人のため明かされていないと思われます。
もしも結婚をされているならば息子、娘などお子さんがいらっしゃると考えられます。

年齢的に成人していて結婚し、子供がいる年ごろですね。
相田一人さんから見て孫にあたる存在で、良いおじいちゃんになっているのではと思われます。

相田一人さんの画像を拝見すると左手薬指に結婚指輪がないため結婚をされていない可能性も考えられます。
指輪をしない習慣があるかもしれませんので、どちらともいえないのが現状です。

相田一人のまとめ

こちらの記事では、相田一人さんについてご紹介させていただきました。

相田みつをさんの息子として、美術館の館長として今後も活躍されると思われます。
これからの動向にも注目していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました